« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

珍しくJsGOALで検閲を受けていないので

今のうちにコピペしておく。
最初のコメントが消されるだろう。

でも、すごく考えさせられる。
納得できないコメントだけど、
納得できる。というか。なんというか。

仕方ないという言葉は使いたくないし
100%認めることはできないけど
このスタイル自体は間違っていないとも思う。

J'sGOALより引用
---------------------------------------------------------
●ペトロヴィッチ監督(広島):
「痛い敗戦だったと思います。私は今日、いいゲームが見られたと思います。我々は今日どうしても勝ちに行きたかった。我々は早い段階で1-0とリードされ てしまったと。その中、1-0でリードされる中、同点にするチャンスはあったんですが、そういった中でレッドカードをもらい一人退場になった。サッカーな のでそういう事はあるともいます。
レフリーがうちの選手に一つ目のファールでカードを出し、その後すぐにイエローカードを出してレッドカードになった。良い悪いは私自身にはわかりませんが。今日大敗しましたが、その責任は私が受け止めようと思います。
我々、リードされて折り返し一人少ない状況で後半を迎えましたが、ハーフタイムに後ろは後ろに下がって守備をしているだけでは勝てないと。引き続き攻撃をしながら点を取りに行こうと、いう話をしました。最後までそういう姿勢を崩さずにやりました。
我々は後半に攻撃的な形で攻撃を試みましたが、やはり前係になったところで相手のカウンターを受け、失点をしてしまいましたが、相手は攻撃的な選手が前にそろっているなと思いました。
川崎Fは十分に何かの助けをもらわなくても強いチームではあると思いますが、今日は違った影響があったと、プラスアルファがあったと思います。
今日の敗戦は痛いですが、この負けからしっかりと学び次の試合に向けて反省したいと思います。アリガトウ」

Q:GKから近い選手へのボールを失って攻撃を受けていましたが、それはこのチームのスタイルとして続けていくんでしょうか?
「我々はこのサッカーを続けていくと。それは後ろからしっかりとつないで行くというのが我々のスタイルであると。若いGKですから、今年初めてJ1の舞台 でコンスタントに試合に出ているという選手ですから、そうしたミスもあると思いますが、そのスタイルを続けて行きたいと思います。
ミスもありましたが、ふだんの戦いの中ではGKがポゼッションに参加する事によって後ろからの良い形での崩しがありますから、そういったミスもあると思いますが、引き続き我々のスタイルを続けたいと思います。
私の意見ですが、モダンなサッカーではGKもつなぎに参加できなければならない。それがモダンなサッカーだと思います。もしかしたら私自身が間違っているのかもしれませんが、私はそう思います」

Q:サンフレッチェのやり方として、1-0で後半に入るときに、点を取りにいくんではなく、守りを重視してカウンターを狙う、という選択肢はなかったのでしょうか?
「今日の負けが選手にとって学ぶ良い機会なのかもしれない。我々は今日、どうしても勝点3を取りたかった。それは選手、強い気持ち高いモチベーションでそれを持っていると思います。それが時としてゲームの展開として間違った方向に出てしまうという事もある。
コントロールを失った形で前に人数をかけて、攻撃しカウンターで失点してしまった。そういった事が見られましたが、もしかしたら今日のゲームは大敗してよ かったのかもしれない。なぜならば1-0でこういったゲームを負けてしまう。そうしたらそれが良いことだと選手が理解するかもしれない。我々は7-0だっ たので、それはダメなんだという事を選手が理解してくれれば今日の負けはプラスの方向に働くと思います。もちろん大敗してしまえばすごく選手も私自身も痛 い敗戦でしたが。
我々はそういうところから学んで次の成長につなげたいです。負けましたが、死ぬわけではない。引き続きリーグ戦を戦っていきます」

Q:サイドの戦いも押し込まれていたと思いますが、それは退場者が出た事と関係あるんでしょうか?
「一人少なかった事は大きく影響しています。やはり川崎Fのような個人の能力の高い選手を多く抱えるチームに対して一人少ないという状況ではやはり、劣勢になってしまいます。
長いリーグ戦の中で多くのけが人を抱えながら本来のポジションと少しずらした形で、たとえば違う選手が出ていますが、そうして妥協しながらリーグ戦を進め ています。そういった中でも勝利したり引き分けたり、本来の我々のベストなメンバーで戦えない中でも良い結果を出してきたと。そうした状況は長くは続かな い。どこかでそうしたもののほころびは出てきてしまう。リーグ終盤で選手の疲労も蓄積しているという中で、こういった事が起きたのかもしれません」

Q:退場者が出る前の11人同士でやっている時間帯で、ボランチが下がり、バックが上がるといういつもの戦い方のときにサイドに開いて出て行くところがいつもより遅いように見えたんですが。怖がっているようにも見えたんですが。
「おっしゃる通り立ち上がり我々は怖がってゲームに入ったように見れなくもなかったです。やはりわかっていただきたいのは我々は若いチームですが、初めて このリーグで上で戦うという状況にあると。もしかしたら3ポイントとって勝てば我々が1位を狙えるところに順位を持っていける。そういった中で、選手に固 さにあったということはあると思います。リーグの上位を戦う中で、経験が必要になる。それが川崎Fであり、ガンバであり、鹿島である。そういったチームと いうのは、毎年毎年上位を戦っていて経験がある。上位を戦っていくというのは経験が必要であると。本来、今年に関しては我々は上位を戦うとはシーズン前に は考えていませんでした。我々はしかしながらここの順位まで来て、上位を戦うという。シーズン終盤で上位にいるというところまできた。その経験をできた事 は大きいと思う。本来であればそれは次のシーズンだと思っていましたが、それを今年できた。その経験は今後に必ず生きてくると思います」

Q:話を聞いていると、守りを固めてリスクを犯さず、カウンターでやろうと選手がしても、それは監督としては受け入れがたいと聞こえなくもないんですがそ いう点については?「(大分と対戦した)京都はそういうサッカーで一人少ない中で1ポイントを取れるサッカーを見せたと思います。そういうサッカーが将来 につながるサッカーなのかはわかりませんが、うちのチームというのはストッパーの槙野に『お前は残って守備しろ』と言って残っているような選手ではない と。コーチから残れといわれても、やはりいってしまう。うちはそういうサッカーのスタイルを持ったチームなんです。
京都はそういう状況で、しっかりと守備をしてカウンターから1点を取って結果を残した。彼らがやった事は結果を残すという意味ではすばらしいと思います。
 我々は、0-7で負けたわけですから、良い選択をしたという事はいえないかもしれないですが、その間違えは私が受け入れれば良いと思っています」

以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なにもいえねー

うわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスが来るのを出迎えよう!

サポーターグループの活動の紹介です!

以下、SANFRECCE Supporters' Blogより引用
-----------------------------------------

とにかく今週の土曜日のガンバ戦には、

12時15分にお祭り広場あたりに来てほしい!

ってことです!

■ 集合場所 選手バスの入場ゲート付近
■ 集合時間 12:15
■ 選手バス入場時刻 12:30頃

尚、旗やゲートフラッグをお持ちの方は、バス待ち時に掲げ、
選手を迎えるという事なのでお持ち頂ければ助かります。
※数に限りはありますが、各サポーターグループより貸し出しもあるようです。

1人でも多くのサポーターで、選手を迎え入れたいとの事なので、
ご協力、宜しくお願い致します!

詳しくはサポーターズグループのサイトをご覧下さい!!!

===

BAD BOYS
http://www.uh-badboys.org/
URSUS
http://www.ursus2002.net/weblog3/
INFS
http://infs.jugem.jp/?day=20091014

残り6試合で、優勝まで上との差は『5』。
まだ優勝を目指せる位置です。

この試合を勝つか落とすか。
かなり重要であり、決戦です。
ここから先は全てそうですが、優勝争いの土俵に立ち続け、
優勝するには落とせない試合。
脱落出来ない。

サポーターで士気を高めましょう。
ご協力宜しくお願いします!
----------------------------------------------------
引用終わり





私もゲーフラ持って参加しようと思います!

このエントリーでさっかりんとか埋まるといいですねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お帰り、俺たちの和幸

カズのブログにあった


人の支えによって、

自分の可能性は

無限大に引き出せる

 
 
  

とてもいい言葉だと思います。

  

それを、気付いて、サポーターに素直に表してくれる。

カズは、素晴らしい男だと思います。

今日、復帰です。

 
 

本当に嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しんどい

元気なんですけど、
最近ちょっと忙しくて(ドラクエが)

 

あとは、Blogって難しいな、とか。
ついMixiばっかりになっちゃって、

全世界に公開する、Blogというのは
面白くもあり、難しくもあり、だなと
最近感じてます。

 

新潟戦、残念でした。
悔しくて悔しくて。

いや、ここから踏みとどまるか、
流されていくかが勝負ですよ。

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »